『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
小さくてもアクションを起こすことが大切。
本日はレコーディングしています。

こいつと一緒に。

f0182998_15563178.jpg


ギターを叩き割ろうとするなんて、悪いミッキーだ。

まさかミッキー・カーチスじゃねーだろうな。

カーチスならカーティス・メイフィールドがいいぞ。

ということで、今日はこれ観ました。

f0182998_160734.jpg


「ピース・オブ・アクション」

監督:シドニー・ポワチエ
制作:メルヴィル・タッカー
音楽:カーティス・メイフィールド
主演:シドニー・ポワチエ/ビル・コスビー/ジェームズ・アール・ジョーンズ

あらすじ:
マニー(シドニー・ポワチエ)とデイヴ(ビル・コスビー)は、それぞれ腕利きの泥棒。完璧な仕事で一度も捕まったことがなく、マニ-は大勢の仲間と組んでギャングから大金を盗む仕事を終えたばかりだった。そんな折、定年退職をした元刑事バーク(ジェームズ・アール・ジョーンズ)が、彼らの犯罪をネタに二人を匿名で脅迫する。バークの要求は、二人が無職の青少年の就職を支援するセンターでボランティアをする事だった。二人はなんとか黒幕を調べようとしながら、やむなくセンターで働き始めるが、子供達になつかれ始めたりセンターの女所長と恋に落ちたりしている内に段々悪い気がしなくなってくる。一方、マニ-に金を盗まれたギャング達は着々と犯人探しを進め、遂にマニ-に辿り着く。。。

僕が生まれた年、1977年公開の映画です。前述した黒人界の名優、シドニー・ポワチエが監督も兼任しコメディアンのビル・コスビーをパートナーに撮った三部作の一つです。この他に、「Uptown Saturday Night(日本未公開)」、「Let's Do It Again / 一発大逆転」があります。何よりもまず音楽が素敵で、以前ソウル講座でも紹介したカーティス・メイフィールドが担当し、ここから誕生した名曲がたくさんあります。僕のオールタイムフェイバリットなソウルミュージックの一つがこれ。もう何度聴いたことか。

Let's Do It Again / 一発大逆転


それと、今回の主題歌も。

Piece of the Action - Dance Scene


映画から生まれた良質な音楽ってたくさんあります。PCをスピーカーに繋いで、ちょっと音質の良い環境で映画を楽しむのもこれまた乙なものです。

二人の泥棒達が、青少年センターで子供達を指導するドタバタコメディ映画ですが、真面目に演技するポワチエとアドリブバンバンのビル・コスビーの非対称な二人が醸し出す空気感が映画に妙な味を生んでいます。また、ただのコメディ映画に終わらないところもポワチエが監督している要因であると思います。特に、青少年センターで教育にあたる女教師に向かって子供たちが反骨したセリフ「あなたたちは社会に善いことをしているという自覚で私たちを教育しているようだけど、結局、私たちみたいな落ちこぼれがいなければあなたたちは食っていくことができない。結局、(私たちを)食い物にしているクセに、善人面して哀れみの目を向けている、あなたは一体何様なのよ!」

社会のヒエラルキーの仕組みを鋭利な刃物でえぐるような辛辣なセリフです。資本主義の犠牲者(というべきなのか?)最下層に生きる人間たちが悪循環のスパイラルから抜け出す困難さをポワチエは観ている僕らに示唆しているようです。結構、ホロッと泣ける部分もあります。僕らはどう生きれば良いのか?子供の孤独を、苦悩を、深層について考えさせられる映画だと思います。僕的には、80点。

しかし、ポワチエはコメディ向いてないな〜(笑)

ビル・コスビー、僕がアメリカに居た頃はすごい人気だった。両者ともまだご健在なので、ぜひとも生き続けて欲しいと思います。
by hmk-kuro | 2012-07-19 16:55
<< 手を自分とするなら腕を否定する... 名作には理由がある >>
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム