『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
手を自分とするなら腕を否定することになる。腕を自分とするなら体を否定することになる。
今日はまたやけに涼しい日でしたね。

短パンとT-シャツじゃ寒すぎて、久しぶりにパーカーを着ましたよ。

相変わらず制作に没頭しつつ、自分と向き合う日々です。とても楽しい。最近ちょっとラップが上手くなっているかも。

さてさて、制作とレコーディングと時々、映画。

今日はこれ観ました。

f0182998_2285792.jpg


スパイク・リー監督の問題作「ア・ヒューイ・P・ニュートン ストーリー」

監督:スパイク・リー
主演:ロジャー・グァンバー・スミス

あらすじ:
1960年代に立ち上がった革命的な集団“ブラック・パンサー・パーティー”のリーダーであったヒューイP.ニュートンの物語。実在した英雄の闘いと苦悩の日々をロジャー・グァンバー・スミスの独演で描いたドキュメンタリー映画。

ロジャー・グァンバー・スミスはスパイク・リー映画に何度も出演している俳優です。相性は当然ばっちり。元々、ロジャーが一人でオフ・ブロードウェイの舞台で独演していたもので、そこにスパイク・リーが1960年代当時の記録映像、様々なブラック・ムーヴィーからの場面を編集し、それをバックスクリーンに映し出しながら、二人で七年の歳月をかけて作り上げた、映画というよりもミュージカル仕立てのドキュメンタリーフィルムです。ロジャーが最初から最後まで一人で捲し立て、煙を吐き出し、踊り狂い、詩を朗読し、汗をしたたらせ、涙を流し、挙動を奮わせ、全身全霊でこのブラック・パンサーのカリスマ的リーダー“ヒューイ・P・ニュートン”を表現しています。

因みに、このブラック・パンサーとは1960年代のアメリカで差別や圧制に苦しんでいた黒人たちを解放するためにヒューイらが中心となり発足された、非暴力ではなく力によって体制に立ち向かった団体のことです。革のジャケットを身にまとい、黒いベレー帽を被り、ショットガンなどを構えた写真って見たことないですかね。あるわけないか。

f0182998_22552013.jpg


それまでのガンジーのイデオロギーを継承した、キング牧師の非暴力運動ではもはや生温いと、手ぐすねを引いていた奴らが拳を高く振り上げたのです。しかし世間一般では彼らの暴力的な側面だけが表出していますが、その実像は「人民に奉仕せよ」という精神がありました。例えば、栄養が不十分な貧困層の児童に対し、朝食を無料で配給する「無料朝食プログラム」を開始したり、治療費が無料の「人民病院」を建設し、鎌状赤血球症の調査を行い、50万人の人々が鎌状赤血球症を患っていることを明らかにし、応急処置などの治療を行ったのです。

ま、FBIの陰謀説で壊滅させられたなど、真しやかな話が色々とあり、僕では到底真相究明できるはずがないので、それ以上の詳しいことは解りませんが、この作品を観ていて感じたことは全編を通して目が離せない緊迫感が漂っていることでしょうか。同時にアメリカは未だ変わらない問題を抱えているということにハッとさせられ、そしてこの日本も同じような起爆剤を内包している気がしてなりませんでした。人種差別とはまた違う部分でね。。。それらをたった一人で表現するロジャー・グァンバー・スミスの独演からとにかく目が離せません。そう、怖いほどに。

一つの愛を拒絶し、すべての愛を得る
革命に命を捧げ、永遠の命を見いだす
とても大切なものだ




映画として括ってよいのか判りませんが、僕的には70点。調べていくと、それほどダークな印象でもないです。映画のなかに登場するポエムではいくつか忘れられないフレーズもありました。“理想”や“人の幸せ”って、何だろうと考えさせられる作品でした。

こんな本も出ているので、もっと知りたい方はぜひ〜。

f0182998_23261756.jpg

by hmk-kuro | 2012-07-20 23:28
<< 音楽は楽しくなくっちゃ! 小さくてもアクションを起こすこ... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム