『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
TOKYOヒットガール
今日、8/16(木) は24:38~25:08 日本テレビ『TOKYOヒットガール』にゲスト出演します。

f0182998_212898.jpg


ホリケンさんに自由にされている僕らをどうぞ観てやって下さい。

f0182998_2124393.jpg


言動、行動、なにがなんだかよく分かりませんが。。。でも、とても良い人でしたよ。

お楽しみに〜。


久しぶりにコレ観ました。

f0182998_2154218.jpg


「クロッカーズ」

監督:スパイク・リー
製作:マーティン・スコセッシ/スパイク・リー/ジョン・キリク
脚色:リチャード・プライス/スパイク・リー
音楽:テレンス・ブランチャード
主演:ハーヴェイ・カイテル/ジョン・タートゥーロ/デルロイ・リンドー/メキー・ファイファー

あらすじ:
ブルックリンの麻薬ディーラー、ストライク(メキー・ファイファー)は、ある日、ボスのロドニー(デルロイ・リンドー)から、同業のダリルを殺すように命じられる。その夜、ダリルの他殺体が発見され、殺人課のロッコ(ハーヴェイ・カイテル)と、ラリー(ジョン・タートゥーロ)が捜査を開始。翌朝、ストライクの兄で誠実な働き者だったビクターが自首してくる。だが、ビクターの証言に疑いを持ったロッコは、弟のストライクをかばうために噓を供述したのではないかと推理。その日から、ロッコはストライクを執拗に追いかけ始める。。。

1995年の作品。スパイク・リーとマーティン・スコセッシといえば、ニューヨーク大で講師と生徒の関係。その二人がタッグを組んだ、言わばジェダイとマスターのコンビネーションムーヴィーでしょうか。スパイク・リー関連では1、2を争うほど好きな作品です。(ただし、冒頭は実際の麻薬関連殺人事件の犠牲者を写した場面で始まるので、そういうのが無理な人にはオススメしません。尤も過激な描写はフィクションにも大変多いですが。。。)

そのショッキングな冒頭とは裏腹に、何度観ても最後に写し出される車窓からの夕日が、息を飲むほど綺麗なこと。あの場面を観るだけでもこの映画の価値が十分にあると言えるのではないでしょうか。またしても消化不良の感を残しながらの、この冒頭とエンディングの対照的なコントラストにスパイク・リーのメッセージが隠されているような気がしてなりません。

この映画の白眉なところは、“警察の、真実を追い求める執拗な善が二次、三次の悪循環を生むところ”だと僕は思っています。果たして、悪意だけが悪を生むのか?必要悪として保たれている治安があるのか?善意ある人間が生み出す反動の憎悪とは?

誰も無関係じゃありません。

「善>悪」という単純構造だけでは括りきれない人間社会を「善≒悪」と描写しているところに、この映画のスゴさがあるような気がします。90点。

Clockers 1995 Trailer

by hmk-kuro | 2012-08-16 22:41
<< 活字が踊る、歌う、叫ぶ! 救いの音楽 >>
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム