『HOME MADE 家族 3RISE TOUR 2013 ~グッドモーニングジャパン!~ 』

最新ライヴレポートはコチラ!!
[2013/03/18掲載]


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

最新インタビューはコチラ!!
[2014/01/07掲載]


PROFILE

【KURO】
HOME MADE 家族のMC

一番多感な少年時代をアメリカで過ごした事(12年間)でHIP HOP文化自体を生活の中で体感する。帰国後、高校のクラスメイトと共にユニットを結成。渋谷、町田、六本木など関東圏の数々のクラブでライブを経験しスキルを磨く。 低音域でささやくようなRAPから心に響くような語りかけるスタイルまでオリジナルを確立している。 特に英語の発音、リリックはまさに本物である。

LINK
RELEASE INFORMATION
Best Album

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』
2014/01/08リリース


『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【初回生産限定盤】
KSCL-2350~51
¥3,900(税込)

この商品を購入する

『家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~』

【通常盤】
KSCL-2352
¥2,800(税込)

この商品を購入する
ミリオンダラーカルテット
敬老の日だからという訳ではないのですが(と、呼ばれるにはまだ心外だろうし)昨日は両親を連れてミュージカルを見に行っていました。

千秋楽ということで、間に合って良かった。ほっ。

f0182998_16383548.jpg


『ミリオンダラーカルテット』

2010年ブロードウェイで大ヒットを記録しトニー賞を受賞したロックンロールミュージカル。

内容が、1956年12月、エルビス・プレスリー、ジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンスの4人のスターが集結した“一夜限りのセッション”の裏側に迫る物語ということで僕の親世代と、その影響で幼少時代からこういった音楽にどっぷりとハマっていた僕にとってもどんぴしゃな公演でした。

ちょうど最近、ジェリー・リー・ルイスの半生を描いた映画を観たばかりだったしね。

会場に着くと、千秋楽ということもあってか大勢の人でごった返していました。こんなビンテージギターが置いてあったり。

f0182998_16455871.jpg


お客さんの8割がシニアという感じにも見えましたが、ロカビリーが見るからに好きそうな風体の人や近年のリバイバルの追い風もあってか、僕と同世代ぐらいの若い人やカップルの姿も結構見受けられました。

開演と同時に生演奏で「ブルー・スエード・シューズ」が始まり、会場を一気に50'sの世界に連れていってくれます。当然ミュージカルなので歌を歌いながらの進行なのですが、舞台設定がスタジオ(サン・レコード)ということもあってギター、ウッドベース、ドラム、アコギ、ピアノすべてが演者による生演奏というのも迫力です。(特に、ジョニー・キャッシュの歌声がそっくり!)

都会からはほど遠いテネシー州メンフィスの片田舎にあるサン・レコードのオーナー、サム・フィリップス。彼はエルビスを見出し(その後、メジャーレーベルRCAに手放して後悔する)業界で一目置かれる存在となった。そのキングに追いつけ追い越せとサン・レコードの門を叩いたジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンスたちを、クリスマス間近の1956年12月4日に集め、彼らの往年の名曲群と共に、それぞれの胸の内にある葛藤を交えながら物語が進んでいきます。

元々は、カール・パーキンスの歌であった「ブルー・スエード・シューズ」をエルビスが歌って大ヒットさせてしまったことで、オリジナルの影が薄れてしまったことにカールが憤慨したり、家族のように手塩に育ててきたジョニー・キャッシュの専属契約を、当然のように延長しようと歩み寄ったオーナーのサムに「実はもう大手コロンビアレコードと契約を結んでしまった、、、」と漏らすジョニー、その不穏な空気を破天荒で尊大なセリフとキャラで和ますジェリー・リー・ルイス。名声と莫大な富を得るもRCAという巨大なレーベルと取り巻きに疲れ、あの頃のようにまたサムと曲を作りたがっているエルビス。。。

当時のアメリカの音楽ビジネスと、それに翻弄される四人のミリオンダラーカルテット(100万ドルの4人組)。結局、皆サムの元を離れていくわけですが、歴史の末路を知っているサムの最後の言葉が印象的に響きます。「みんな売れて本当に良かったと思う。ただ、願わくは、もっと彼らが幸せだったら」

演奏される名曲たちは、おそらく会場にいる様々な年代の、ある時代の大切なBGMとして思い出と共に想起されていたと思います。それは僕も同じく、終演後の親父が「久しぶりに胸が熱くなった」と言っていたように(実際には、しーたまが熱くなったと言っていた(笑))その言葉にすべてが集約されていると思いました。

思えば、親の影響で物心がつく前からずっとオールディーズに囲まれてアメリカ時代を過ごし、そのロカビリーやドゥワップに系譜があるチェッカーズのトリコになり、そして下地にソウルがあるヒップホップに取り憑かれていったことはすべて必然だったように思います。そして今、僕はまたあのフィーリングに還っています。

それにしても、、、幸せの安全運転というのは可能なのでしょうか。ジェットコースターのように昇降し、周囲を見回す余裕もない人生は、エキサイティングな瞬間を生み出しますが、あっという間にその周回を終えてしまいます。

サン・レコードのオーナー、サム・フィリップスがもう一つ言っていた印象的な言葉があります。

「100万枚のレコードを売るより、手塩に育てた100人のレコードを俺は売りたい」

東京公演はもう終わってしまいましたが、明日から大阪公演がオリックス劇場で四日間だけあるそうです。行ける方はぜひ行ってみて下さい。(字幕付きですよー)

パンフレットがレコード型で気が利いています☆

f0182998_1805738.jpg


f0182998_183820.jpg


中を取り出すとこんな感じ。

f0182998_1842370.jpg


あつしも連れていきたかったなぁ〜。
by hmk-kuro | 2012-09-18 18:08
<< 山下達郎先生 T.M. Revolution... >>
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム